アクセス解析
mio bambino 2008年07月09日

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本****ゆっち


ぼくのきいろいバス (学研おはなし絵本)ぼくのきいろいバス (学研おはなし絵本)
(2007/11)
荒井 良二

商品詳細を見る

荒井良二さんの本はゆっちのお気に入りです
大人が見るとすごく見にくい絵なんだけど、なぜかゆっちは大好き
この独特の不思議世界に惹かれるのかな
テレビである「スキマの国のポルタ」は興味ウスなんだけど、絵本の絵は好きみたい
私的にはあの吉岡秀隆さんの語りがはまってて好きなんだけど


ミミちゃんのねんねタオルミミちゃんのねんねタオル
(2007/07)
アンバー・スチュアート

商品詳細を見る


これは、私好みの絵本
なんか、癒し系の本かな
でも、ゆっちはねんねタオルの経験はないので、あんまり意味わかんないかな
私はねんねタオル派だったから癒されるのかな・・・・
スポンサーサイト


妊娠中やその前まではよく本を読んでましたが、
出産後はそんな余裕もそんな気も全く起こりませんでした。
が、最近、私も本を(雑誌ではなく)読む余裕が出てきました

それで、私とゆっちが読んだ本をプラグインにではなく
忘れないようにブログに残す事にしましたメモメモ




ヒロシマヒロシマ
(2003/07)
ジョン ハーシー

商品詳細を見る

広島の原爆投下についての本は数多く出されてますが
このJ・ハーシーの「ヒロシマ」はその代表的な本というか
必読本らしいです。
他の広島原爆について書かれた本に比べると惨劇の描写が
やんわりと。。。というか物足りないというか。。。
でも、アメリカ人から見た広島原爆記でアメリカで爆発的に売れた作品
という事で読んでみました。
アメリカの作家による広島の惨状のルポルタージュです。

川遊び


先週の日曜日、川遊びに行って来ました
IMGP3504.jpg

今回もビビリーなゆっちんは「イヤッ」と言って逃げ回り
川から半径10M近づきませんでした
スパルタママは強制的にダッコで川に入りジャボ~ン
ゆっちんを完全無視でチャプチャプで怖がってもムダと諦めたのか
渋々、水遊び開始
でも、どうにか慣れて少しは笑顔で遊んでくれました
しかし、一度川から出るともう二度と入ろうとせず、仕方なく早々に退散
本当に男の癖にどうしてこう小心者なのか
IMGP3509.jpg

砂利の駐車場で虫が怖いとトランクに非難するゆっち
あまりのビビリーに腹が立つくらい
スパルタキャンプに1ヶ月くらい行ったら治るかな
小心者根性を叩きなおさねば

全流お汐井取り


行って来ましたぁ
今日は前回の代表お汐井取りと違い、さすがにお祭り並みの見物客でした
IMGP3515.jpg  IMGP3516.jpg

ゆっちん真剣な眼差し男の血が騒いでいるのでしょうか
結局、すべての流れを見てしまいました
どうして、飽きないんだろうなぁ
いくつか見たら帰ろうと思ってたのに、ついつい最後まで見てました
追い山。。。見に行きたいなぁ

まつりだまつりだぁ~


今日は全流お汐井とり!
笛の音やかきての声が聞こえてきました!!
ゆっちも「わっちょいわっちょい行くよぉ」って言ってるので今から行って来ま~す
本当は(オイッサオイッサなんだけど

| mio bambinoホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。